当団体について:福岡国税局間税会連合会とは

当団体について:福岡国税局間税会連合会とは

ホーム > 当団体について

ごあいさつ

会長写真

福岡国税局間税会連合会 会長

中野 文治

福岡国税局間税会連合会は、 福岡国税局管内、福岡、佐賀、長崎の3県下の消費税を中心とした間接税の納税者と間税会の活動等に賛同される 法人・個人で組織する31の単位会で構成され、その会員数は約9,400人社で、全国でも有数の連合会組織となっています。 また、昨年は全国間税会総連合会の第41回大会がここ福岡の地で盛大に開催されました。

その際、卓越したリーダーシップを発揮され、見事に成功裡に納められました中川原会長が、本年6月通常総会をもってご退任されました。 在任3期6年間大変お疲れさまでした。その後任といたしまして私が大役を拝命いたしました。
もとより浅学非才な私には、あまりにもこの重責を担う程の度量がなく、困惑と緊張の連続ですが、会員の皆さまの温かいご理解と お力添えを賜り職責を果たして参る所存です。

さて、ご高承のとおり、我が国の消費税の税収を平成27年度当初予算額で見ますと平成26年4月からの税率引き上げもあって、 その税収規模は約17,1兆円と見込まれており、所得税収(約16,4兆円)及び法人税収(約11,0兆円)を上回る最も税収の多い 基幹税になっております。又平成29年4月からは消費税率10%への再引き上げも予定されており、財政面における消費税の重要性の 高まりと相俟って、消費税の会としての間税会の役割は、益々高まってくるとともに、間税会活動の重要性も、強く求められてくるものと考えられます。

そして、間税会の現状等に適切に対応していくためには、何よりも各間税会の組織を拡充強化し、本会の存在感を高め、発言力を強めていくことが肝要と考えております。そのような中で本会は、全国間税会総連合会と福岡国税局管内31各単位会の繋ぎ手として、お役に立ちたいと願っておりますので、皆さまのより一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。


-
間税会とは
-
↑このページの上部へ