当団体について:福岡国税局間税会連合会とは

当団体について:福岡国税局間税会連合会とは

ホーム > 当団体について

年頭のご挨拶

会長写真

福岡国税局間税会連合会 会長

中野 文治

明けましておめでとうございます。
令和 4 年の年頭にあたり、謹んでご挨拶を申し上げます。
会員の皆さまにおかれましては、新型コロナウイルス感染症が未だ終息しない中で、不敏な新年を迎えられたものと拝察しております。

初めに新型コロナウイルス感染症により影響を受けられておられる皆さまに心からお見舞い申し上げます。又、その治療や看護にご尽力されておられる医療従事者のみなさまに、心より感謝と敬意を表します。

そのような状況下にありまして、福岡国税局間税会連合会では、通常総会を初めとするほとんどの会議・会合は書面決議により実施することとなりましたが、会員の皆さまにはご理解とご賛同をいただきましたこと、厚くお礼申し上げます。

さて、令和 5 年 10 月から導入されます適格請求書等保存方式(インボイス制度)の実施により、消費税制度の新たな時代を迎えようとしており、消費税についての理解を啓豪する団体としての役割は益々重要となってまいります。このため、これら制度の的確かつ円滑な実施に向けて広報・周知等の活動に積極的に取り組まなければなりません。

ところで、全間連通常総会はコロナ感染症の影響で中止を余儀なくされておりましたが、3年ぶりに福岡局間連の担当で、2022 年 9 月 9 日出島メッセ長崎で開催が決定しました。

ただ今、開催に向けて長崎間税会を中心に着々と準備を進めていただいております。福岡局間連ワンチームで、成功に導きたく、会員の皆さまに温かいご支援とご協力を切にお願い申し上げます。

どうか皆さまにはコロナ禍に怯むことなく、間税会の諸活動に対し、倍旧のご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

結びに、各単位会の益々のご発展、会員の皆さまのご多幸とご繁栄を心から祈念し、又国税ご当局の皆さまのご活躍とご健勝を祈念いたし、年頭のご挨拶とさせていただきます。


-
間税会とは
-
↑このページの上部へ